認証評価と国立大学法人評価の違い

提供: NIAD-QE Glossary
移動先: 案内検索

認証評価と国立大学法人評価の違い

Differences between Certified Evaluation and Accreditation and National University Corporation Evaluation
認証評価 国立大学法人評価
根拠規定 学校教育法第109条第2項 国立大学法人法第31条の2
評価主体 文部科学大臣が認証した機関(認証評価機関)。複数の認証評価機関から受審先を選択することが可能 文部科学省の国立大学法人評価委員会(教育研究の状況は、大学改革支援・学位授与機構に評価を要請し、その結果を尊重)
評価対象機関 国公私立及び株式会社立の大学短期大学高等専門学校専門職大学院 国立大学法人大学共同利用機関法人
評価の内容 認証評価機関が自ら定める評価基準に基づき、教育研究、組織運営、施設設備の総合的な状況について評価 各法人の中期目標中期計画、年度計画に対する教育研究活動や業務運営、財務内容等の総合的な達成状況について評価
評価結果の表し方 評価基準を満たしているか(適合しているか)どうかの判定 中期目標の各項目の達成状況を段階判定
評価結果の公表 公表される 公表される
評価結果の利用 教育研究の質の保証とともに、評価結果を教育機関の質の改善向上に活用される。なお、評価結果は資源配分には直接反映されない 次期の中期目標・中期計画の内容や運営費交付金等の算定に反映される
評価の周期 機関別: 7年以内毎に1度

専門職大学院別: 5年以内毎に1度

中期目標期間評価は6年毎

(第3期中期目標期間は4年目終了後と中期目標期間終了後)

年度評価は毎事業年度